局所麻酔薬について

こんにちは(^^)/歯科医師の江口です。
治療する時に痛みをなくす目的で使用する麻酔ですが局所麻酔と言い局所麻酔薬を使用します。
ハローではこちらの局所麻酔薬を使用しています。DSC_0245
局所麻酔薬は痛みをなくすだけでなく局所麻酔薬に添加されている血管収縮薬により治療で出血した場合出血量を減少させたり、術野の明視ができる、局所麻酔薬の中毒を防いだり作用時間や効果を増加させたりします(^^)d
血管収縮薬には血圧上昇、不整脈、頭痛、めまいなどの副作用があるので高血圧、心疾患、糖尿病など感受性の高い患者さんの使用には注意が必要で、血管収縮薬は何種かあるので別の血管収縮薬が入った局所麻酔薬を使用したり、血管収縮薬が入っていない麻酔薬を使用したりします。
治療が広範囲であったり麻酔の効きが悪い時に麻酔薬を追加しますが患者さんから「量を多く打って大丈夫ですか?」と質問されます。ハローで使用している局所麻酔薬は健康成人でカートリッジ9本まで使用できます(しかし9本使うことはありません(^^;)。だいたい追加しても2、3本です。
麻酔の持続時間は1.5~2時間くらいです。
局所麻酔薬は投与された組織の毛細血管から静脈へ吸収され、代謝され薬物の活性を消失させた後腎臓から尿中に排泄されます(^-^)
患者さんに痛くない、確実な治療を提供する為に欠かせない局所麻酔薬、安心して治療を受けてもらえるよう使用の際は細心の注意を払いこれからも治療をしていきたいと思います(^o^ゞ

子供の歯茎に出来物?!

新年明けましておめでとうございます!!
今年も通院して下さってる皆様の健康のサポートをさせていただきますので、どうぞハローを宜しくお願い致しますm(__)m
さて…
お子さんの歯茎にこんな出来物見たことないですか?
20160108_21312720160108_213338
これらは歯の根の中にバイ菌がいるためにできてしまいます(ToT)
上の写真→歯茎の中に膿が貯まっている状態。
触るとぶよぶよしています。
じっとしてても痛みを伴うこともあります が殆ど痛みはありません。
下の写真→歯茎の中の膿が外に出ようと孔を開け
た状態。
小さいおでき様で触ってもぶよぶよしてません。 痛みはありません。
これらの状態を治すには根の中の治療が必要となります。根の中のバイ菌を取り除き歯茎が元の状態に戻った(=バイ菌がいなくなった)時点で最終のお薬を入れて詰め物や被せ物をします(^o^)
永久歯との交換時期の時も同じ状態が起こり、レントゲン写真で永久歯の位置と乳歯の根の状態を確認します。この時は抜歯が適応となります。
出来物を放置していると次に生えてくる永久歯に影響が出る事もありますので、早期発見、早期治療が大切です。
お子さんの仕上げ磨きの時によ~く歯茎のチェックもお願いしますね(^人^)!!

MRCのセミナーに行ってきました(^^)

DSC_0185
こんにちは(^^)/歯科医師の江口です。
連休中にハローが加盟しているMRCクリニックの創始者であるDr.Farrellのセミナーに豊田さんと行ってきました!
今回のセミナーで興味深かったのは乱れた歯並びの3大原因である
・口呼吸
・舌の位置
・異常嚥下(間違った飲み込み癖)
を治す為に筋肉の機能を改善する為の訓練やトレーナーを装着して治療をしていますが
・睡眠障害
・顎関節症
も原因が同じで治療も共通する、ということです。
寝ている時に口呼吸だとグッスリ眠ることができないので子供の成長に大切な成長ホルモンが出ず、成長・発育に悪影響を及ぼします(。>д<) 口呼吸だと舌の位置が正常ではないので、正しい嚥下(飲み込み)ができず間違った飲み込みをする為顎関節に負担がかかり症状が出ます(。>д<) これらを筋機能訓練とそれぞれに開発されたトレーナーを使用し治療します。 口呼吸を早期に発見することで子供の成長・発育が健全なものになります(^o^)矯正治療を開始する前、乳歯列期(4~6歳)から治療可能です! 今回のセミナーで学んできたことをこれからの診療に生かし、お子さんが健康的な生活を送れるようお手伝いをしていきたいと思います( v^-゜)♪

安全、確実な治療のために(^^)

こんにちは!歯科医師の江口です(^o^)/
毎回治療の時に「バイ菌さん出て来ないようにお布団しとくね~」、と言ってるお布団☆

DSC_0102
DSC_0102

正式名はラバーダム防湿と言います。
ハローでは主に子供の治療の時に使っています。(大人の治療でも使う時もあります)
お口を処置中はずっと開けてもらうというお手伝いをしてもらわないといけないのですが、このお布団治療を行う上で大切な役目を果たしてくれています(⌒ー⌒)!
どんな役目かというと…
①治療中に舌や頬っぺた、口唇を治療の器具で傷つけ るのを防ぐ。
②治療器具が万が一落ちても飲み込みを防止できる。
③唾液からの汚染がなく、乾燥した状態が確保できる
ので虫歯や根の治療後の封鎖が確実にできる。
というのが主な役目です 。私達も、治療の目的の歯が限局して見えるので治療能率も上がります\(^^)/
患者さん、特にお子さんはずっとお口を開けてるのは大変なことです(/。\)いつもお口を開けるお手伝いをしてくれてありがとう(^人^)お手伝いをしてくれているから安全、確実な治療が出来ています。
これからもお手伝い、宜しくお願いしますね( v^-゜)♪

乳歯の治療の順番は?

こんにちはビックリマーク歯科医師の江口ですニコニコ
治療で来院して下さったお母様から治療の順番について質問をいただきました。

乳歯の治療は、
右上奥→左上奥→左下奥→右下奥→上前歯→下前歯
の順で進めていきます。
(ただし急性症状:じっとしてても痛みが続き頬まで腫れる:がある場合はその歯を優先します)

なぜこの順番かというと、麻酔針の刺入時の痛みが少なく麻酔が効きやすい順なので初めて治療のお子様も治療ができて自信を持って次の治療に繋げるからですグッド!
また麻酔によって唇や頬の感覚が無くなることで起こる咬傷の頻度が下の歯の治療後が高く、初めに上の奥歯で麻酔が効くとどういう状態になるか知って慣れてもらうという理由もありますニコニコ

治療で来院して下さったお母様から、下の奥歯に穴が開いてるのに…、上の前歯に穴が開いて見た目気になるのに…そこから先に治療して欲しい、とご希望がありますが上記の理由から順番に従って治療していますクローバー

お子様が自信を持って治療を進めていけるようこれからも最善を尽くしていきます!!
お母様もお子様の頑張りをたくさん褒めてあげて下さいねニコニコ

矯正講習会 IN東京(^^)

こんにちは(^-^)/歯科医師の江口です。
昨日、今日と院長先生、井上先生、中川さん、豊田さんと東京に矯正の講習会に来ています。
ハローで取り組んでいる筋機能療法を本場のオーストラリアからJohn Flutter先生の講義です。
歯並びが悪くなっている原因は歯を支える顎の骨の劣成長で、劣成長の原因は口の周りの筋肉が正常に機能していないのです。口呼吸、舌の位置が低い、飲み込みが上手くできていないことも原因です。
皆さんにいつも頑張ってしてもらっている
これらを改善するトレーニングや装着がとても大切であることを改めて実感しました(*^.^*)
これからも皆さんの健康増進=歯並びが良くなるお手伝いをさせて下さいね(^_-)☆
今日の講義も楽しみです♪

幸せホルモン(^^)

こんにちは(^-^)/歯科医師の江口です。
先月参加した小児歯科学会で「子供と母親のセロトニン欠乏脳をめぐって」という子育て中の私には興味深い講義を聞いてきました。
セロトニンはストレスに強くなる心を作ったり、精神を安定させてくれる脳内で作られる幸せホルモンです(^ε^)♪
イライラしたり気持ちがモヤモヤするのはセロトニンが不足してるんですね(>_<)
こんな素晴らしいセロトニン!!
どうやったら沢山出るのか…
・太陽の光を浴びる
・歩行リズム運動(ウォーキング、ジョギング)
・咀嚼運動(食べ物をよく噛むこと)
他にフラダンスや歌唱なんかも良いそうです。親しい友人との女子会も(ノ^^)八(^^ )ノ
親子間ではハグ、とても重要です!!
子供は走るだけでもセロトニンUPするとか…3~6歳はセロトニンが発達途中でこの時期にセロトニンUPすることを沢山させると良いそうです(^▽^)
逆に子供が好きなゲーム、PCはセロトニンを減少させてしまいます(((( ;°Д°))))
またセロトニンはトリプトファンという物質からできていてこれは食べ物から摂取するしかなく、講義ではバナナに沢山含まれてると言っていました。他に調べてみると大豆やマグロ、チーズなどにも多く含まれているようですよ~(^_-)☆
ハローに通院して下さってる皆様もセロトニンが沢山出るような毎日を送って下さいね(≧▽≦)
我が家は今日もバナナ買ってきました(笑)