みなさんが知らない歯科の常識

こんにちは!!

歯科衛生士のアワノです。

今年度もコロナウイルスでバタバタと過ごした1年でしたが、みなさま変わらずハローに来院していただきありがとうございました♫

さて、タイトルにあるように、

今日は

みなさんが知らない歯科の常識

をご紹介します。

結論から、言っちゃいます!

それは

『1度治療をしたら、

むし歯が治ったわけではなく

治療は繰り返される』

ということです。

これ歯科業界では

当たり前のことなんですよね。

 

ん??どーゆーこと??

ってなりますよね。

 

もちろんむし歯の治療は

むし歯になったところを

ちゃんと削ってから

銀歯をいれます。

 

でも

あなたのお口の中の銀歯、

取れた経験ありませんか??

詰め物って必ず劣化していくので、

歯と詰め物の隙間ができて、

そこからまたむし歯になってしまうんです…

そして、また削って大きな詰め物を入れる…

で、また隙間からむし歯になって削って…

って繰り返えしされていくんですよ。

どんどん歯を削るので、

最終的には歯を残せなくなり、

歯を抜かないといけない(T_T)

いう結末になります。

 

よって、

治療は1回で終わらない

ってことなんです。

一生使う永久歯がむし歯になったら…

(TдT)

そうならないために

どーすればいいかというと、

①むし歯にさせない!

(むし歯にさせないためにできることを教えてもらおう!)

②むし歯が見つかっても

治療が必要か否かしっかり診断してもらう!

(小さいむし歯であれば、大きくならないように何すればいいか教えてもらおう!)

③詰め物をするときには劣化しにくい材料を選ぼう!

新学期がはじまり、学校では歯科検診が行われます。

みなさん歯科検診で『う歯(むしば)があります』と書かれた紙をもらったら、

必ず治療が必要ということではありません。

永久歯を一生使えるように、

ハローでしっかり診断してもらって

的確なアドバイスをもらってくださいね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です