子どもの歯のケガ🦷

歯科医師のマツダです(^-^)

ずいぶん暖かくなってきましたね♪

ハローにはこんな可愛い花が咲いていますよ。チェックしてみて下さいね!

暖かくなってくると動きだしたくなりますよね。そんな時、注意したいのが歯のケガです。

歯をぶつけちゃった!お口から血が出ている!という時は、まず落ち着いてガーゼやティッシュで拭いてみましょう。

※頭や全身の症状がある場合は、まず医科を受診してください!!

1.唇やほっぺの内側から血が出ている🩸

うがいをして、しばらく(10分程度)おさえて下さい。ほとんどの場合、小さなキズのことが多いです。

2.歯茎から出血している。歯がグラグラしている。ズレている😰

痛みがなくても、ご相談ください。必要があれば、固定します。

3.歯がかけた。折れた😱

歯の破片は捨てないで!乾燥しないように保管して、受診してください。

4.歯が抜けた⚠️

抜けた歯をさがしましょう。お口の中にないか、床や地面に落ちていないか。

見つけたら、そっと拾います。この時、歯の根っこの部分はできるだけさわらずに。

汚れていてもかまいません。乾燥させないように、すぐに保存液(保健室には常備してあります)に入れて、できるだけ早く受診してください。

*保存液がない場合は、牛乳(ロングライフミルクや低脂肪乳をのぞく)や生理食塩水、コンタクトレンズの保存液を使ってください。

子どもがケガをすると、本人も周りの人もショックを受けますよね(>_<)  でも、まずは落ち着いて!

きちんと対処することで、ケガがよりキレイにより良く治ることにつながります。

そして、ためらわずに受診して下さいね!(^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です